メディカルアロマを学んで就職する

香りを楽しむという意味でアロマという言葉が広まっていますが、もともとは花や葉や木から採取できる天然エッセンシャルオイルを使って、人間が本来持っている自然治癒力を高めようとする方法です。メディカルアロマは、それぞれのエッセンシャルオイルの成分がどのように人体に影響するかをより深く学び、代替療法としてのアロマテラピーを実践します。メディカルアロマを学んだ人の就職先として、医療機関や介護施設のような、心身に何等かの不調がある人や障害を抱えた人がいる場がこれから増えると思われます。ちょっとした不安や不調を緩和する目的として、またリラックス効果を高めるために、既に医療や介護の現場でもアロマが使われています。心や体への不安や悩みを抱えた人が対象なので単なるリラクゼーションのための仕事とは違いますが、それだけやりがいも増えると言えます。

メディカルアロマの資格による就職とは

メディカルアロマとは、美容やリラクゼーションの為にアロマを使うだけでなく、医療現場で活用されているアロマテラピーのことを意味します。毎日の生活の中で、アロマオイルなどを使用することは珍しくなく、とても身近な存在になりつつあります。人間が本来持つ自然治癒力を高める効果を医療につなげることが、メディカルアロマの基本的な考え方です。メディカルアロマの資格は様々ありますが、日本アロマセラピー統合医学協会の資格である、メディカルアロマセラピストの認定資格が最も有名です。最近では、資格取得する為の講座を有するスクールも数多くあります。資格取得をすることにより、就職する際のアピールポイントとしても有利です。医療現場では、特に心療内科や緩和ケアなどの現場で活用することが期待されます。もちろん医療現場だけでなく、エステサロンやリラクゼーションサロン、美容院などでも有利な資格です。また経験を積むことで、独立開業することも出来ます。

メディカルアロマの資格を取り就職を有利にする

現在メディカルアロマの資格を取得するためにスクールに通っています。何故この資格を取得しようかと考えたのかというと、元々介護士の資格を取得していて老人ホームで働いていたのですが、もっとお年寄りに寄り添った介護をしたいと考えた時に、以前から興味があったアロマを使ってお年寄りを癒せたらいいなと考えたからです。老人ホームに入居しているお年寄りは寝たきりの人も多く、足や腕が浮腫むことがよくあります。そんな時にメディカルアロマの施術でリンパマッサージをして差し上げたり緊張や痛みを取り除いてあげられたら最高です。またアロマのいい香りを嗅ぐことで免疫力も高まると考えられていますので、免疫力が低下しやすいお年寄りには最適です。スクールでは医学的な観点から学べるので有益です。早く資格を取得して再就職したいです。