就職にも役立つメディカルアロマ

アロマテラピーといえば、香りを使ってリラクゼーション効果を高める技法のことです。ストレスの多い現代人にはとても効果的な方法なので、日常的に行っている人も少なくありません。そんなアロマテラピーを、医療的に使用しているのが、メディカルアロマです。日本ではいくつかの団体で研修を行っており、専門的な知識を得ることができます。メディカルアロマでは、普通のアロマテラピー同様に香りを使うだけではなく、体に塗ったり、経口摂取をしたりといろいろな方法を使っています。そのため専門的な知識が必要不可欠です。同時にマッサージを行ったり、足浴をしたり、リラクゼーション効果を高めるために行うこともあります。メディカルアロマの資格を持っていると、医療関係の就職にも有利になります。例えば緩和ケアなどでもメディカルアロマを活用する場合があります。これから更に需要が高まる資格といえます。

メディカルアロマでの就職

メディカルアロマは通信教育でも資格取得が出来る、手頃な職種分野です。自分のペースで学んで、添削サービスを受けるだけで、資格取得に向かって行けます。教材を無料で送って貰う事が出来たりします。資格が取れると、気になるのが就職についてですが、メディカルアロマは、看護師として働く機会が与えられています。ですので、就職先としては、病院が挙げられます。日勤、夜勤等の勤務種類があり、交代制で働く事が出来ます。給与に差は生じるかもしれませんが、正看護師、准看護師のどちらでも就職が募集されています。夜勤手当てや通勤手当てが受けられる他に、家賃補助等の住宅手当て、退職金制度があるようです。定年年齢が一般と異なる条件になる場合や食事の補助が受けられる職場もあります。年間休日は約3分の1程と考えておくと良いかもしれません。

メディカルアロマの資格を就職に役立てる

普段総合病院で看護師の資格を生かして働いています。現在は病棟勤務ですので、入院患者の方のケアを主に行っています。半年ほど前にメディカルアロマという存在を知り、先月からその資格を取得するためのスクールにも通っています。仕事との両立なので大変ですが、仕事の役に立つ勉強が出来ているので充実感を得られています。実は来年結婚が決まっており、現在勤めている病院も退職します。結婚後は県外に引っ越し、その先で再就職を希望しています。その際にメディカルアロマの資格を取得していることでスムーズに就職活動が出来ることを望んでいます。メディカルアロマで苦しんでいる患者さんに少しでも楽になってもらいたいですし、ただ病気を治すだけではなく癒しの存在になりたいです。そのためにも今は一生懸命資格を取ることに頑張って取り組んでいます。